AGAの薬で安いのはフィンペシア

AGAの治療薬としてフィナステリドを有効成分とするものが一般的によく使われていますが、クリニックで診察を受けて処方される先発医薬品は効果であり、継続して使用する場合の負担が大きくなります。
そのため通販でもフィンペシアを購入する人も珍しくありません。

フィンペシアはジェネリック薬と説明されることも多いですが、厳密に言えばまだ先発医薬品は特許満了しておらず、シプラ社が同一の有効成分の薬をコピーして作っているものです。
通常はこのようなことはできませんが、インドでは以前は物質特許が存在していなかったため、物質特許が導入される以前に作られた薬に関しては特許満了前の薬でもコピーしたものが作られています。
開発費用や特許費用がかかっていないので先発医薬品と比べて安いのが大きな特徴であり、継続して使用しなければならないAGA治療の費用負担を減らせるのがメリットです。

フィンペシアは正式なジェネリック薬ではないので効果がないのではないかという不安がありますが、シプラ社は粗悪品を製造して利益を出している企業ではありません。
フィンペシアに関しても有効成分であるフィナステリドは先発医薬品と変わりない含有量になっているため同様の効果があると考えられ、利用者の口コミでもフィンペシアには効果があるという感想が数多くあります。

先発医薬品のメーカーにとっては良いことではありませんが、費用が安いため資金を抑えたい慈善団体などでもシプラ社の薬は良く使われており、利用実績のあるメーカーであるため治療効果に関しては不安に感じる必要はないと言えるでしょう。

注意点としては国内で認可された治療薬ではないので輸入代行業者を利用して購入するため、粗悪品や偽物が送られてくる危険性があります。
安いからと手を出してしまうとこのような失敗をしてしまうため、安全であると判断できる業者がどこなのか十分に確認してから利用すると良いでしょう。
また、効果が同じなので同様の副作用が起きる懸念があります。
用法を守っていれば安全とされますが、安いからと過剰に摂取すると危険性が高まるので必ず用法は守りましょう。

フィンペシアのコーティング剤は体への影響はある?

フィンペシアのコーティング剤として使われるキノリンイエローには発がん性があるのではないかという噂が広まっており、不安視する人もいます。
実際に欧州ではキノリンイエローは食品添加物に使用することを自主規制する動きがありましたが、薬の添加物は含んでいません。

日本国内での考え方としては多量に摂取した場合の危険性の懸念はありますが、少量となる薬への使用に関してはキノリンイエローの利用は認められており、神経質にならなくても良いでしょう。
それでも毎日服用するので蓄積して悪影響が出るのではないかという不安もありますが、これに関しても現在は安全性に配慮されているので心配ありません。

シプラ社でもキノリンイエローの使用に関する不安があると把握しており、これによって売り上げが落ちることを懸念していました。
その対策として現在はコーティング剤にキノリンイエローを使用していないフィンペシアも販売されています。
特にキノリンイエローを不安視していたのは日本であるため、輸入代行業者で取り扱っているものは通常はキノリンイエローを使用していないタイプです。
不安であれば確認しておくと良いでしょう。

コーティング剤を変更しただけであり、有効成分のフィナステリドの含有量に違いはないため、キノリンイエローを使わないタイプで効果が落ちるような心配はありません。

なお、ジェネリック薬は全く同じ効果と言われていますが、厳密にはコーティング剤等の違いにより微小な吸収速度の違いなどがあります。
命にかかわるような症状であればこの違いの影響は無視できませんが、AGAの場合は問題ありません。
ただし、異なる成分が含まれているので体質によってはアレルギー反応などが起きる可能性はあるため、異常を感じた場合は利用を中止した方が良いでしょう。