AGAならプロペシア服用

プロペシアはアメリカの医薬品メーカー、メルク社が開発したAGA治療薬です。
AGAが発症・進行する原因は、遺伝と男性ホルモンによる影響だと考えられていますが、フィナステリドはこの男性ホルモンに作用し、薄毛を改善させる効果があります。

男性ホルモンはひとつではなく、いくつかの種類があることをご存知でしょうか。
その中でも分泌量が最も多いのが「テストステロン」で、このホルモンが男性ホルモン全体の9割を占めます。
副腎や精巣で作られたテストステロンは、筋肉量を増やす、体毛やヒゲを生やすなど男らしい身体づくりや、性欲の亢進などの役割を担います。
つまり男性にとって非常に重要なホルモンなわけですが、酵素5αリダクターゼと結びつくと、薄毛を進行させるホルモン「ジヒドロテストステロン」に変化してしまいます。

ジヒドロテストステロンが薄毛を進行させるのは、男性ホルモンレセプターと結びつくことで毛母細胞の細胞分裂を阻害するためです。
男性ホルモンレセプターは、前頭部の毛乳頭細胞に多く存在していますが後頭部にはほとんど見られません。
AGAによる脱毛症で後頭部の脱毛が起こらないのはそのためです。

そして、酵素5αリダクターゼの分泌量には個人差があり、その量は遺伝で決まると考えられています。
このような理由からAGAの原因が「遺伝と男性ホルモン」といわれているのです。
フィナステリドはこの酵素5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する働きがあります。
つまり、AGAの原因に直接働きかけるのがこのプロペシアなのです。

プロペシアの効果は国内外で高く評価されています。
例えば国内では、日本皮膚科学会が科学的根拠に基づいて定めた指針であるAGA診療ガイドラインで、内服薬では唯一「強く勧められる」という評価を得ています。
またプロペシアは現在世界70カ国以上で承認されており、多くの国でAGA治療薬として使用されています。

プロペシアの副作用で男性機能が低下するってホント?

世界でその効果を認められ、「飲む育毛剤」とも称されるプロペシア。しかしその効果を実感するには正しい方法で使用することが大切です。

プロペシアは1日1回、1錠を毎日なるべく同じ時間に服用します。
先ほど説明にあった酵素5αリダクターゼは常に体内で分泌されているため、テストステロンと結合させないために有効成分のフィナステリドが血液中にある状態を持続する必要があるのです。
また、これはプロペシアに限ったことではありませんが、AGAの治療薬には即効性はなく、最低でも半年以上は継続的に服用しなければなりません。

そして、効果が認められた治療薬であるからこそ副作用も存在します。もともとプロペシアは、前立腺肥大症の患者に投与されていた薬です。
そのため、「精力の減退」や「男性機能の低下」といった症状があらわれることがあります。
しかしこれらの副作用は1~5%程度で起こるといわれており、頻度は高くありません。

そのほか、こちらも頻度は非常に低いですが「肝機能障害」が起こる恐れもあります。
肝機能障害は、はじめのうちは症状が出ないため気付かずに進行してしまうことも考えられます。
AGA治療では長期にわたって服用するため、定期的な血液検査で数値を確認するなど、注意しておく必要があります。

プロペシアは副作用の少ない安全性の高い薬ですが、稀にこうした症状があらわれるリスクがあることも事実です。
また、即効性がないため半年以上も飲み続ける意欲がわかないという人もいるかもしれません。
しかし、何もしなければAGAは進行するばかりで、自然に改善することはありません。
医療機関で「飲む育毛剤」の処方を、一度相談してみてはいかがでしょうか。