プロペシアとミノキシジル併用で効果アップ!

AGAの治療を行うクリニックでは、プロペシアとミノキシジルの二つの治療薬を併用するケースが多いといいます。
これは、この二つの薄毛治療薬がその効果を認められた信頼のおける薬であるということと、併用することで相乗効果により効果アップが期待できるためです。

プロペシアとミノキシジルはどちらも同じ薄毛を改善するためのAGA治療薬ですが、薄毛に対するアプローチは全く違います。
具体的にどのように作用するのか、その違いをみていきましょう。

まずプロペシアは、AGAの発症に大きく関わっている男性ホルモンに作用します。
精巣や副腎で作られるテストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、酵素の5αリダクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンに変化します。
このジヒドロテストステロンがAGAの原因ともいえる男性ホルモンで、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することで髪の成長を阻害し薄毛を進行させます。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼを抑制することでジヒドロテストステロンの増殖を抑える働きがあるのです。

一方ミノキシジルはというと、毛細血管を拡張し毛根への血流量を増やす効果や、髪や血管の細胞の増殖を促進する成長因子と呼ばれるたんぱく質の分泌量を増やす効果があります。
つまりプロペシアが脱毛の進行を食い止める役割があるのに対して、ミノキシジルは毛根に直接働きかけ、発毛を促す作用があるのです。

このようにプロペシアとミノキシジルは、別方向からのアプローチであるためお互いの作用に対して悪影響を与えることがなく、単体で使用するよりも効果アップを見込めるのです。

さらに、この二つの治療薬は日本皮膚科学会が定める「男性型脱毛症診療ガイドライン」で推奨されていることでも知られています。
プロペシアの脱毛を食い止める効果やミノキシジルの発毛力は、それだけ高く評価されているのです。

低血圧の人はミノキシジルの服用に注意

このように、大変高い評価を得ているプロペシアとミノキシジルですが、効果が期待できる医薬品故に副作用があることも忘れてはいけません。

プロペシアは副作用の心配が少ない薬ではありますが、精力の減退や肝機能障害などの副作用が起こる可能性があります。
また、基本的に女性は服用することができません。
特に妊娠中の女性は胎児の生殖器に異常をきたす恐れがあるため、錠剤に触れることも禁止されています。

ミノキシジルにはローションなどの塗り薬(外用薬)と、ミノタブとも呼ばれる内服薬があります。
外用薬はかぶれや痒みなどの皮膚症状がみられることがありますが、使用を中止すれば治まることがほとんどで大事に至ることはまずありません。

内服薬であるミノタブは元々が血圧を低下させるために使用されてきた薬なだけに、血圧低下やめまい、ふらつきなどが起こることがあり、低血圧の方などは特に注意が必要です。
そのほかむくみや吐き気、体毛が濃くなるなどの副作用も報告されており、外用薬に比べ副作用のリスクは高いといえます。

このことから、安全性を考えるのであればプロペシアと併用するにはミノキシジルはローションなどの外用薬のほうが適しているといえます。
特に心臓に疾患がある方や低血圧の方は外用薬を選択するほうが賢明でしょう。
しかし副作用と同じようにその効果も内服の場合のほうが出やすいため、ミノタブを使用したいと考える方も多いです。
ミノタブによってミノキシジルの発毛力をより実感したいと考えるなら、安全性も考え医療機関で処方してもらうのがベストではないでしょうか。

それぞれの効果を最大限に活かすためにも医師の指導のもと正しく使用し、薄毛対策に活用してください。