薄毛に悩んでいる人にとってはAGA治療をする事は根本的な改善を目指す意味でもとても重要な事です。
しかし気になるのが治療費がどれだけ必要になるのかという点です。
短期間で効果を得ることができる事ではないため、継続的に治療をするとなると自分の生活に影響が及ばないようにする必要があります。
こちらでは、実際にAGAの治療費について詳細を説明していきます。
そして治療を受ければ確実に毛は生えてくるのかといった事についても知っておくと役立ちます。

AGAの治療費は病院によって異なる

AGAの治療費については実際のところ、どこで治療を受けるのかという事によって変わってきます。
理由としてはAGAの治療費は保険適用外なので、その病院やクリニックなどによって設定している金額が違うためです。
つまり保険適用外になってしまう分、その費用は高額になってしまいます。

例えばAGAの治療をしている一般的な病院では治療といってもAGAに効果的な薬の処方をするだけという事が多いです。
そのため、費用にかかるのは薬代が主なものとなります。
一方でAGAを専門にしているクリニックでは様々な治療方法を用意してあり、その人の頭皮や髪の状態を見た上で治療方針を決めますので、治療費には個人差があります。
ですから、一般的な病院で治療を受けるより専門クリニックで治療を受けるほうが断然治療費は高いです。

AGAの治療に使われるのは主に内服薬と外用薬ですが、内服薬の場合はジェネリック医薬品もあるので少しだけ安く購入する事もできます。
実際にあるかどうかは聞いてみないとわかりませんので、まずはジェネリック医薬品で治療をする事が可能かという事を確認してみるといいです。
内服薬で使われているのは主にフィナステリドという薬もしくはザガーロとよばれている薬です。
フィナステリドは1ヶ月分で約4000円から6000円、ザガーロは5000円から1万円ほどです。

そして外用薬は市販薬では1ヶ月分でおよそ7000円から販売されていますが、専門クリニックではオリジナルの外用薬が用意されている場合もあり、平均で15000円から18000円ほどです。
このように一般的な病院で処方される場合と専門クリニックで薬を出してもらうのとでは全然費用が違うのです。

AGA治療といっても薬を飲んだり、塗ったりするだけではなく、HARG療法といって薬を直接頭皮に注射をして注入するという方法もあります。
こちらは頭全体に行うと1回で約15000円程費用がかかってしまいます。
ただし、この方法に限っては即効性を期待することができるので早めに毛の状態を改善したいという場合にはオススメの方法です。

AGAの治療に関しては自分がどういうプランで発毛や育毛をしていきたいかという事を考えて選ぶのが良いです。
時間がかかるのは嫌だという場合にはカツラや自毛を移植するという方法もありますので、また費用は違います。

何故AGA治療は保険適用外なのか

AGA治療を受ける人はたくさんいるのに、なぜ保険適用外となってしまうのか気になる方もいるのではないでしょうか。
これは厚生労働省が定めている医療保険の適用される物にAGAの治療が入っていないためです。
これは薄毛があくまでも見た目を気にするかしないかという問題であり、病気などとは違って命に関わる危険性があるものとは認識されていません。
つまり、保険を適用してまで改善する必要はないので全て自費となってしまうのです。

AGAの治療と同じように美容整形なども完全に自費で支払うことになっていますが、こちらも命に関わることではないので保険適用外となっています。
とはいえ、実は保険適用とはならないものの、医療費控除に使うことができるケースもあります。
例えば精神面の問題や病気などが原因で脱毛してしまったことでAGAの治療を受けたいという場合です。
この場合はそもそもの原因が保険適用に値する原因であったため、AGAの治療に関しても医療費控除に使うことができるようになっています。

医療費控除は1年間に使った医療費の合計が10万円以上になった場合に申請すると、一部が返ってくるというものです。
申請しなければもちろん返ってくる事はありませんのでやっておいて損はありません。
あくまでも他の医療費なども含めていくらか戻ってくるというだけですから保険適用されている場合のように安く治療をできるというわけではありませんが、少しでも使ったお金を戻すという意味では良い方法です。

ここで注目しておきたいのが保険適用にならない治療のことを「保険外診療」と呼ぶ場合があるということです。
保険外診療になっている場合、その病院やクリニックなどで自由に価格を設定できるという事になります。
これがAGAの治療を受ける時にそれぞれで価格が違う理由です。

そして保険外診療ということはあくまでも自己責任で治療を受けるという事ですので、高額な治療費がかかることも考えますと慎重に治療を受ける病院やクリニックを選ぶほうが良いです。
選ぶ病院・クリニックによっては薄毛が改善されるどころか、高い治療費だけを支払って全く効果を感じることができなかったという結果にもなりかねません。
ですから、治療を受ける場所を選ぶ時はlこれまでの経験や評判などを総合的に見て選ぶといいです。

AGA治療としての注射は確実に髪が生える?

AGAの治療の1つとして頭皮に極細の針がついた注射器を使って薬を直接注入するという方法があります。
この治療法をHARG療法といいます。
直接薬を頭皮に注入する事で毛包を蘇らせるのですが、この時に細胞を強く刺激するので発毛を促進する事ができるのです。
この治療法は6回受けて1クールになっている事が多いです。

そのHARG療法の時に加えることでより効果を発揮できると言われているのがアミノ酸やプラセンタなどです。
アミノ酸は元々髪の毛に良いものとして知られていますが、髪の大部分を占めているケラチンというタンパク質を形成しているものなので加えることで発毛しやすい状態に導きます。

ではプラセンタは加えることでどういう効果を得ることができるのでしょうか。
プラセンタは人間にもありますが、出産をした時に出てくる胎盤のことです。
プラセンタは体内の細胞を作る原材料になるもので、頭皮の細胞の新陳代謝を活発にするという効果があります。
そのため、この治療法の時に加えることでより効果的となります。

気になるのはHARG療法が実際に発毛に効果があるのかという事ですが、ほとんどの人はこの治療を始めてから3回目もしくは4回目くらいから効果を実感し始めるといわれています。
しかしこれは個人差が大きいところがあります。
年齢や薄毛の状態などによっても効果が感じられるまでの期間が変わってくるのです。

そのため、ある人は3回目で実感できたけれど、ある人は5回受けても効果を実感しなかったという違いが出てきます。
効果を感じなかったという人の多くはその人の効果が出てくる期間まで待たずにあきらめてしまったというケースが非常に多いです。

また受けているクリニックなどで行っている内容自体に問題がある場合もあります。
例えば治療費を抑えるために極端に薬の有効成分の濃度を薄めてあったり、使う薬を変えてしまうなどしていますと効果が出るものも出ない状態になってしまうという場合があります。

一般的にHARG療法は頭皮を若返らせて発毛しやすいようにする方法です。
この方法であれば原因がどんな事であるかに関わらず、発毛にも育毛にも効果を発揮する事ができるので、年齢や男女などは関係なく、発毛率は99%という高い数値が出ており、効果については期待できるといえます

おすすめ記事